株式会社 スマートリンク

Q&A

エコキュートとは

ヒートポンプ式電気給湯器の商標名です。ヒートポンプとは、空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を上手に活用するので、投入した電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを得ることになります。空気の熱を使ってお湯をつくるという、従来の給湯機とはまったく違う方式でお湯をわかし、高効率を実現します。
 

エコキュートを導入すると光熱費が安くなる

従来お客様が電力会社とご契約されている電気メニューは従量電灯です。 スマートライフプランという夜間の電気が大幅に軽減されるメニューがあります。 このであれば、昼間の電気料金はもとより、夜間の電気料金は大幅に安くなります。 深夜の安い時間でお湯を作るのがエコキュートです。夜作ったお湯を、日中使うことで、光熱費の削減が可能となります。

オール電化とは

家庭内で使用する全熱源を電気でまかないます。 対象になるのが、「ガスコンロ」と「ガス給湯器」をそれぞれ「IHクッキングヒーター」と「エコキュート」に交換します。また、灯油やガスを使う暖房器具を電気にします。 ガスや灯油などを燃焼させないことから、火災のリスクが低減され火災保険の割引や住宅ローンの金利割引などの対象になります。

オール電化で光熱費は安くなる

家庭内の全ての熱源を電気によりまかなうため、ガス代が基本料金ごと無くなります。 基本料金を電力に一本化でき、安い深夜電気を利用するエコキュートなどと組み合わせることで光熱費を節約することができます。


太陽光発電の電気は停電時に使えるの?

停電時は自立型パワーコンディショナを使用している場合、停電している間は太陽光発電で作った電気を利用することができます。


太陽光発電は設置する屋根の向きで電力量は変化しますか

屋根の方角によって発電量は変化します。より効率よく発電するために日照量が多い南側に設置することをお勧めします。南側を100%とした場合、東側、西側は約85%です。

太陽電池モジュールはどのような屋根に設置することできますか

ほとんどの屋根に設置できます。屋根材によって取り付け施工が変わります。

余った電気は売れるのでしょうか

まずは自宅で消費し使いきれず余った電気は自動的に電力会社に送り売電します。

電力会社への売電契約の手続きは面倒では

当社が申込から、手続きを行いますので面倒な事はありません。



蓄電池の導入のメリットは

緊急時や災害時に電気が復旧するまでの間にライフラインの確保ができます。 悪天候時に太陽光発電の発電量が少ない際でも、蓄電池で不足分を補う設定にできます。 太陽光発電と併用した場合、太陽光発電の電気を蓄電池に蓄えたり、売電することができます。

蓄電池の導入による光熱費が安くなる

深夜の安い電気を貯めて、昼の電気代の高い時間に使いうことで、電気代を節約することができます。また、太陽光発電の電気も貯めることができます。 電力モニターで発電量と電力使用状況がわかるため、家族の節電意識が高まります。

蓄電システムは設置場所に制限はありますか

家庭用蓄電池 (定置型)基本的には、室外設置となります。 設置条件によっては室内設置となる場合があります。 設置場所は高温や低温になり過ぎず、動作温度範囲内の場所に設置します。

リフォームでできることは

日常の生活において何かしらの悩み、希望があるはずです。 優先順位をつけて、予算内でできる限り理想がかなうリフォームをご提供します。
 

バリアフリーにするのは

敷居と床の段差をなくしたり、トイレは車いすで入れる広さにしたり、必要な箇所に手 すりを取り付けたりします。体力低下を補助する機器や設備をご案内します。

Copyright © 2018 Smart Link All Rights Reserved.